移転完了


by bb_fez
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/994163.html

数十年に渡り社保庁が年金管理をずさんにしてきたのが今更になって発覚した要因はどこにあるかと言えば、結局のところ今まで国民の殆どが年金というシステムに全く関心を持っていなかったという点に収束される。

自分には直接関係ない、誰かがやってくれているから問題ないという安易な考えは己に災いをもたらす元凶でもあり、非常に危険だ。
[PR]
# by bb_fez | 2007-06-24 19:50 | 戯言
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%88%E3%83%88%E3%83%AD%E3%80%80%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%80%80%E6%AD%BB%E4%BA%A1%E8%AA%AC&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

普通に見ると不思議な生き物に愛嬌があったり家族愛満載だったりする田舎臭いほのぼの映画だが、見方を一つ変えればまったく違う映画として捕らえられるのも面白い。

ただ、信憑性を求めるのであればあの問題のシーンは指摘するような意味合いはなく、他意はない。
というか「本当の真意は隠されていて、真実は他に存在する」という芸当を宮崎 駿ができるとは思えないし、この映画はどの客層を狙っているかを考えれば、これは単に偶然が重なっただけである。
「日本のグリム童話も実は子供向けで元々は怖いものだから、トトロも同じ事が言えるのでは?」という意見もでているが、日本のグリム童話は子供向けに任意で書き直したものであり既に原作ありき、ではない。
客観的に見て「原作のグリム童話は、誰向けに書かれたものか」「となりのトトロは誰向けに作られたものか」と比べれば、グリム童話とトトロを照らし合わせる事は意味を成さない。

ネガティブに見れば、物語の印象が変わる。というのはトトロに限ったことではないが、ここまでネガティブ思考を納得できる話はそうそう無い。
この件に関してはちょっとした騒ぎになり、制作元であるジブリは「ありえない」と説明している。
なんにせよ原作のみぞが知ると言ったところで、真相は闇の中だ。
[PR]
# by bb_fez | 2007-06-24 00:02 | 戯言
今回も妄想、若干ネタばれ有。

http://b.bngi-channel.jp/psp-haruhi/
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20070622/haruhi.htm

主人公は原作と同様キョン。プレイヤーの分身代わりに何の変哲も無いオリジナルの人物を主人公(もちろん名前は自分で決める)にし、キョンはあくまで登場人物の一人として置き換えることもできるが、元々ハルヒ自体はキョンを中心としたご都合主義の話であるし、何より人物像を一から組み立て、かつ世界観も絡ませるのは非常にめんどくさい。それにオリジナル主人公のものがファンに受け入れられにくい可能性もあり、ハイリスクローリターン。
幸い、キョンのキャラ設定は一般の美少女ゲー主人公と色んな意味で被っているので全く問題なし。

ゲームシステムの基本としてはオーソドックスなコマンド式ADV。
ヒロインのハルヒはもちろん、原作で出てくる各女キャラそれぞれにシナリオが用意されており、ゲーム進行によってEDが変化。大反響であった「涼宮ハルヒの消失」で存在した長門ワールドでの結末も存在すると思われる。

シナリオはアニメ版よりも原作をメイン、それに付け加え各ヒロインごとにシナリオを用意するといった形になると思われる。と、いうのも物語の核心とも言えるべき時系列問題はアニメ版では全くでてこないので、アニメ版を基準に作ってしまうと本当に学園生活の中で何事もなくちまちまと進めていく只の一枚絵クソゲーに成り下がる。
アニメでも閉鎖空間事象は存在したが元々原作を無理やり切り抜きした構成になっており、突拍子であることに変わりはなく、どのみちゲーム向きではない。

時系列による事象は、朝日奈みくるや長門有希がキーパーソンとなる。これは原作と同じであるが、各キャラクターごとのシナリオによってはこの限りではなくなる。
時系列移動はゲーム進行に関係なく、任意で選択も可能となるかもしれない。
どういった経緯で任意にタイムスリップできるのかは想像つかないが。

総括
原作以外のシナリオ構成が鍵、ゲームとしては恐らくつまらない。
ADVをどういじったところで、ゲームとして出来る事はたかがしれている。ゲームシステムのメインとしては程遠い、おまけ程度のミニゲーム要素を取り込むぐらいが関の山。
今までにはなかった新システム新要素を組み込むという話だそうだが、メーカーは過去にゆめりあという駄作を作っているだけに期待はできない。

結論
どうみても普通のギャルゲーです。
[PR]
# by bb_fez | 2007-06-23 08:07 | 戯言

他人は己の鏡

http://netamichelin.blog68.fc2.com/blog-entry-328.html

「自分は大丈夫」「自分ぐらい、ちょっと悪さしても問題ないだろう」という人に限って因果応報な結果に終わる事も少なくないのだが、「自分だけ」を特別視する事はなんの意味も持たず、むしろ不幸を招く。
よりによって世の中には「自分一人ぐらい」と少数派のつもりが実は同じ考えを持つ人間のほうが大半を占めており、周りは全員「自惚れている、自己中な人間」だと疑ってかかるほうが賢明だ。
[PR]
# by bb_fez | 2007-06-22 22:59 | 戯言
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/993240.html

風俗(ここでは便宜上、性的サービスのみとする)で女性を募集している要項として「プライバシー厳守」が必ずといっていい程どの店にもあり、人様には堂々と誇れる商売ではないというのは世間体から見ても明らか。
風俗遊びが昔に比べメジャー化してきたのも事実であるが、男性に限らず元々日本人は貞操概念が高いので、いくら風俗界の人間が「名誉毀損とは何事か」と文句垂れたところで賛同する者は少ない。

そもそもソープの主流でもある「本番行為」は、売春であるにも関わらず許されているのは名目上「風俗嬢が客との恋愛感情に発展し、行為に及んだもの」という理解不能なグレーゾーンでまかりとおっているだけにしか過ぎず、その経緯を差し置いて自らの主張は形振り構わず抗議する姿勢は全く引け目も感じていない証拠であり、身勝手極まりない。

結論
「えなりかずきに名誉毀損された被害者の会」
存在自体がまさに火に油。
[PR]
# by bb_fez | 2007-06-22 17:30 | 戯言
http://jyuzablogs.exblog.jp/5656981/


どうみてもコレ
[PR]
# by bb_fez | 2007-06-22 16:23 | 戯言
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_06/t2007062133.html

ぬるま湯浸かりすぎワロタ
[PR]
# by bb_fez | 2007-06-22 05:57 | 戯言
http://07th-expansion.net/umi/soft/introduction.htm

一般の推理小説であれば、犯人像その役割、事件性と関連させるための根拠等を辻褄が合うように構築していく必要がある。

ところが「ひぐらしのなく頃に」では物語を締めくくる為に解決させる気が微塵にも感じられない。犯人像やその関連性も見当たらず、思わせぶりだけで話を書きなぐっているようにしか見えない、常に投げっぱなしの内容で半ば強引に物語を進行させた。
例えるなら「机の上にりんごが乗っています。さてバナナはいくつ?」という、まさに答えようの無い内容となっている。

しかし幸いしたのは、ユーザの多数が「無いと見せかけて何かあるに違いない」と奮起しだし、ありとあらゆる論議が語りつくされた事だ。その解釈ぶりは、昔流行った「ノストラダムスの予言」を何かとこじつけたがる学者と通じるものがある。当たり前だが、何の疑問点もなく決定打と呼べる根拠はごく僅かである。(それも決定打としても肯定していいものかどうかすら悩む)

シリーズを重ねることに事によって内容は収集がつかない状態にまで発展、答えを出そうとする者をさらに悩ませる結果となった。
後に「解」シリーズによって解決へと導いているが、元々解決などさせる気が無い投げっぱなしシナリオのおかげで、後つけ理由で強引に辻褄を合わせただけの仕上がりとなっている。まあこれは当然、元々曖昧な問題提唱しかされてないものをズレもなく解決できるほうがおかしい。これは推理としての難易度が高い、という意味ではない。

>『うみねこのなく頃に』は、皆さんに“解かせる気が毛頭ない”最悪な物語です。
確かに推理のできようのない、全てに置いてユーザの憶測まかせで答えなど毛頭用意させる気が無い小説は最悪どころか、推理モノとして成り立っていない。

が、物語を純粋に楽しむだけならば、この限りではない。


結論
これ美少女ゲーですから。
[PR]
# by bb_fez | 2007-06-19 22:41 | 戯言
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/991523.html

例え国民が持つ当然の権利であっても、自分らの都合の悪い事に使われるのは気に入らないようで、論点や根拠を捻じ曲げてでも排除しようとするその姿勢はまるで某国家のようだ。
[PR]
# by bb_fez | 2007-06-19 21:41 | 戯言

朝鮮総連終了のお知らせ

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/990932.html

c0119837_2253361.jpg














仮執行付いちゃってるからなあ、オワタとしか言いようがない。
[PR]
# by bb_fez | 2007-06-18 18:44 | 戯言
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/989987.html
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/990769.html

問題として一口ゼリーの形状に似ており見た目だけで判断して吸い込んでしまう可能性にあるのだが、そもそも普通の一口ゼリーでも吸い込みながら食べる方法は誰も教えてないし、教わってもいない。つまり子供達が自意識で「やわらかく、吸い込んでも大丈夫」という食べ方を発見してそれを実行してしまっているのだろう。

こんにゃくゼリーと同じ危険性の食べ物の例として餅が多数上がっている。
確かに喉を詰まらせやすい食べ物としては同類であることに変わりは無いが、食べ物の形状がかなり違う、口に入れた段階で粘着する為ゼリーと同様吸い込んで食べるものではないという認識は子供とはいえ容易であり、比較例としてこんにゃくゼリーと同じに考えるのはやはり無理がある。

しかし、ゼリーと形状が似ているため吸い込んで窒息する可能性があるとはいえ、吸い込んで食べる事を前提としておらず、こんにゃくゼリー=危険な食べ物と認識し排除しようとする姿勢には疑問を抱かざるを得ない。
どんな食べ物でも、間違った食べ方をすれば窒息する危険性があるのは当然であり、「いかに誤認させずに食べさせるか」「基本的に食べ物は噛んで食べるのが当たり前という意識をどう子供たちに教えていけばいいのか」が問題の解決に繋がるのではないだろうか。

お子さんを亡くされた親御さんの心情は察するが、今回のこんにゃくゼリー事故はあくまで事故以外の何物でもない。とりあえず責任を押し付けれそうなところには押し付けていく行為は、第三者から見ていても余り気分のいいものではなく、同情は誘えない。
[PR]
# by bb_fez | 2007-06-18 14:28 | 戯言

釣堀

http://www.fezero.jp/com_talkview.aspx?page=0&seq=6083

スレの主旨として問題喚起している割には基準対象としている部分が明確化されておらず、既に議論レベルにすら到達していない。故にレスを返す難易度が非常に高く、各個人の「こういう基準であろう」という自己的な問題提唱し、その結論に至るまで思い込みでしか語ることができない。
その結果、半ば自暴的なレスが多数付いたことによる荒れが発生した。
これで画像板に各個人で規制意識がかかったとしたら、皮肉にもその根源はスレ自体そのものではなく、規制意識を緩和しようと必死な大量のレスが原因。
スレが釣りか天然なのかは判りかねるが、どっちに解釈しても思惑通りになったとスレ主も喜んでいるだろう。


このスレの正しい返し方
・「チラシの裏として使いたければ、それ相応の場所があるのですからそちらでお願いしたいです」と返す。
・スルー
・覇王翔吼拳を使わざるを得ない
[PR]
# by bb_fez | 2007-06-17 21:59 | FEZ日記

メイドインフレ

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/990380.html

サービス形態はデリヘルと同じで、家に女の子が来て決められた時間一緒に過ごすというものだが、デリヘルとは違い性的サービスは受けられず客側としては致命的。
その割に料金はデリヘルに比べれば高いようで、ボッタクリバーと何ら変わらないどころか内容が劣化している分、むしろ酷い。

そもそも「メイドが流行」というのはマスコミが無理やり流行らせただけで、すでにヲタの中では流行どころか沈下しつつある。
それでもヲタの世界とは全く無縁な人からしてみれば、まだまだメイドは現役であると信じてやまないのだろう。


仮にメイドが大流行であるとしても、このサービスは間違いなく流行らない。
[PR]
# by bb_fez | 2007-06-17 14:28 | 戯言
http://forza.game-host.org/main.cgi?mode=thr&no=14363
http://trade.netgame-rmt.jp/

「転売」や「RMT」に関わろうとする時点で、「自分は廃人ではない」という根拠はどこにもない。
[PR]
# by bb_fez | 2007-06-17 09:57 | 戯言
http://www.fezero.jp/notice_updateview.aspx?seq=34

このエントリを立てている時点で詳細発表はまだない、よって仕様は不明。
以下妄想。

kickできるのは援軍も含めて自国のみで、kick対象者をプレイヤーが申請。他の参加者の「承諾」が一定数を超えれば有効となる。
相手国へのkickは簡単に工作でき、場合によっては戦争にならないので不可能と思われる。

kickされた者はその戦争のみ参加できず、また戦争離脱と同様の扱いを受ける。
そのためkickされた戦争が終わるまでは他の戦争には参加できない。

このkick機能の使いどころは「建造物の乱立」「チャットでの暴言」に限られており、回線絞りによる無敵化、位置ズレ等はkick対象とはならない。
なぜならば建造物工作やチャット暴言はログを見れば(建造物はシステムログを表示させる必要がある)比較的誰にでも確認可能だが、個々によるチートに近い行為は判別が難しい(全員で一個人を相手しているわけではなく、一部の人間に限られる)のでkickは現実的に不可能である。
もしこれを容認してしまえば申告内容を簡単に鵜呑みにした事になり、仮に冤罪だったとしたらその責は戦争参加者全員にあるからだ。
チート類の行為はあくまで運営に申告するしか手立てはない。

たまにだが、「工作が実は初心者で、よくわからず門(ゲートオブハデス)をわけのわからん位置に建てたり、よくわからずオベを建てまくってたりとかした場合はどうなるの?」
という話を戦争後に聞く事もあるが、初心者がわからず門やオベを立てるとは思えないしわからんかったら確認しろよ初心者だからって何やっても許されるレベルじゃねーぞという結論しか出てこないわけだが、この場合も「初心者が~」という過程よりもむしろ実行した段階でkick対象であると判断すべきであり、例え初心者だとしてもkickされた事で「何がいけなかったのか」を自覚させる良い材料にはなるので、これは機会があれば是非実行すべき。
これで初心者が遠のくぐらいなら、正直FEZには向いていないと思われる。

kickその前に
まずは口頭で注意を。
[PR]
# by bb_fez | 2007-06-16 12:40 | FEZ日記